会社設立に関する登記

会社設立の流れをご説明いたします。

 
★会社設立の流れ★

①電話・FAX・メール・来所相談にて会社内容を打ち合わせします。決定していただく事項:商号(会社の名前)、目的(事業内容)、本店(会社の所在地)、役員構成、資本金、決算日、設立予定日

 

②会社実印の作成及び必要書類の取得 必要書類:出資者の方 印鑑証明書各1通 役員になられる方 印鑑証明書各1通

 

③決定内容をもとに定款等設立登記必要書類を当事務所で作成

 

④関係者より署名捺印(本人確認)を頂いて定款認証(電子定款認証)

 

⑤定款認証後、出資金の払い込み(通常の発起設立であれば金融機関による払込金保管証明書は不要になりました。代表者の口座に出資者それぞれのお名前で入金して頂き、通帳のコピーを法務局に提出します。)

 

⑥会社設立予定日に登記申請(オンライン申請)

 

当事務所では電子定款認証、オンライン登記申請をしますので、合計40,000円もお得になります。従いまして、単純な設立登記ですと、費用総額(登録免許税・定款認証手数料含む)で290,000円ほどに収まります。
注 種類株式・新株予約権を発行したり、機関設計で特殊型にするのであれば別途報酬が高くなりますし、設立時の資本金の額が高額な場合は登録免許税が高くなります。

 

商号・目的につきましては、法務局で登記できないと言われてしまうことがありますので、事前に司法書士に相談してから決定していきます。また、商号調査をしてから会社の実印を作成されることをお勧めします。