相続が発生した場合に、遺言書が無い場合は法定相続人全員で相続手続きをしなければいけません。
遺言書があれば、遺言執行者のみで手続きが可能となり、特定の人に財産を承継させることが可能になります。

以下の場合には遺言書を作成することをおすすめします。

お子様がいないご夫婦

・相続人以外(内縁配偶者やお嫁さん等)にご自身の財産を残してあげたい
・相続人のうち、遺産分割協議をすることができない方が含まれている
・相続財産が不動産しかなく、何ももらえない相続人がいる
・会社経営をしており、特定の子供が跡継ぎと決まっている
・前妻との間にも子供がいる
・相続人間の仲が悪く、遺産分割協議がまとまらなさそう