様々な場面で不動産登記が必要になりますが、多くの場合は司法書士により登記されることを求められています。

このような場合には登記が必要になります

・不動産を売ります
・不動産を買います
・住宅ローンの借り換え
・家を新しく建てました
・妻に居住用不動産を贈与する
・離婚に伴う財産分与
・本店移転・商号変更による根抵当権変更
・新規・追加融資による不動産担保権の設定・追加設定

是非佐々木毅司法書士事務所にご依頼下さい。

※金融機関や不動産業者で司法書士を紹介してもらえますが、ご自身で司法書士を選ぶことも可能です。是非佐々木毅司法書士事務所にご依頼下さい。